生きることは好きを形にすること

好きなものとか考えていることを形に残していく日記らしきもの。レビューも稀にする。

自ジャンルの友達という概念

9月丸々記事を書かず、ついにはてブロから「ねえ、ブログのこと忘れていない?」と彼女のようなメールが届いた泡の沫です。泡沫です。

ごめんな、ちょっと人生をかけていたものが9月末にあってな、寝る間も惜しんで準備していてな……。ちなみにですが、この一か月後悔しないように頑張って準備したこともあり、当日に後悔しないレベルの武装ができたことを報告します。
ただし、Tシャツをがっりアレンジするときはミシンを用意しようね! それが今の合言葉です。あんなもの手縫いでやるもんじゃねえ。

 

また、8月末からの怒涛の引っ越し作業とそれに伴い、職場・内容変更とPC回線がクソだったのと現実とソシャゲのイベント燃え尽き症候群で死んでいました!(らしい)
それに伴いブログ巡回はできておりませんが、まあ、「泡沫さんに読まれないと死んでしまう><」という人もいないでしょうし、大丈夫でしょう。今から時間作ってそのうち読者登録している方には星の嵐を巻き起こします。泡沫、引用スターだいすき!

 

さて、それはさておき。

 

ふんわりと思ったんだけど、同担他担問わずだと自ジャンルの友達って普通いるものなのかと思った今日この頃です。

新規告知来たら、世の中では周りとその告知について盛り上がったりするらしいという噂を聞きました。確かにTLをぼんやり眺めていると、一緒に「無理……しんどい……!」と話し合っていたり、「予約一緒にしようね……!」とか見かけた気がします。確かに噂は噂じゃないような気がしました。

 

そもそも私の場合、自ジャンル(作品)からもう一つ広げた自ジャンル(CD界隈)から、もう一つ広げて自ジャンル(乙女系(ほぼ腐不推奨)、もしくは男性声優)になったところで、最新情報を追っかけている友達いないし、新規情報教えてくれる友達もいなければ、新規告知を喜ぶ友達もいないです。

流石に自ジャンル(作品)に対しては異常な執着を持っていると自他共に認められているので、新シリーズ発表があれば祝ってもらえるから「泡沫さん、おめでとう!!!」はあるんですけど……。
同じぐらい天を仰いで涙しながら「ありがとう世界!!!!!!!課金します!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」っていう人はいない気がしました。いいことについてはもちろんですが、同じくらい悪いことに嘆いてくれる人もいません。だから、やべえ販売していようが私以外に「運営がクソ!!!!!!!」って切れる人もいません。説明したら「うわぁ、それはひどい」と共感はしてくれるんですけどね。みんな優しい。

 

私の周りの友人は、熱量が違うというか、優先順位が違うというか、趣味はあくまで趣味と割り切っている人が多いため、私みたいにトチ狂っていないんだと思います。

トチ狂ってるレベルの指標としては、私は生きている人間(自分含む)よりも推しのことが大事です。何なら死んだ人間よりも推しのことが大事です。推しより大事なことってそもそも何かありますか? うーん、推しと同等レベルで大事な人の人生がどうこうするとき、でしょうか? そんなこと頻繁に起こらないから、ないと断言できそうな気がしてきました。

 

このあたりから推察するに、私は誰かに何かを共有したいという気持ちがないのかもしれません。

じゃあ、何故ブログを書き、Twitterで喚いているのかって、完全に自己満足と備忘録のためです。ただのログです。嬉しいも哀しいも悔しいも怒っているも、いつか忘れてしまうから、振り返ったときにあの時こんなことを思っていたんだって思い返すために書いています。
だから、共感や反応は思ってもいなかったものであるため、来るたびにとても有り難い気持ちになります。泡沫、スター好き! 引用スターはもっと好き!

 

 

 

同ジャンルの友人はいないとしていますが、友人に布教して一応推し違いの他担ではあります。ただ金銭的に推しのみの購入者が多いです。これから増える予定はある人ももちろんいますが。無理に推し事しない、趣味人の嗜み!! 友人たち大好き!!!

私は友人たちのそのスタンスに対して、別に悪いとはかけらも思っていません。だって、推し事には人にはその人にあったペースがあるとも思っています。

そもそも推しのCDを買ってくれる・レンタルショップで借りてくれる・カラオケで歌ってくれる、このすべての行動は推したちに還元されます*1。そのどれかをしてくれるだけで推したちは満足してくれるでしょうし、私も布教した人として推したちの売り上げに貢献してくれる行動はとても嬉しいです。

一気に130k円*2を払うのも260k円払うのも390k円払うのも、私から見れば当然であっても普通はそうじゃないことは理解しています。

 

でも、だから、友人たちが自ジャンルの担当の友達かというとそれは違うと思います。どこから自ジャンルを担当しているかと思うとせめて本編CD一通り……できれば音源特典とSS特典入手して、雑誌購入と、あと無料媒体であるTwitterや告知の把握もしてからだと、個人的には思っています。

グッズやコラボカフェなどは家庭の事情や嗜好の問題があるからどっちでもいいです。でも、できれば参加して、買ってくれると需要が伝わると思うので嬉しく思います。個人的な願望としてはグッズを交換してくれればなお嬉しいですね!!*3

だから、私にとって人生で一番優先している自ジャンルに熱をかけてくれないから友達じゃない、なんてことはありません。友達は友達だけど、ジャンル違いの友達だと思っています。私をそのまま否定しないでくれるから、私も彼女たちの趣味のやり方に否定する気がありません。私の趣味を押し付ける気もありません。好きなように推せばいいし、買ってくれたら私が勝手に感謝するだけです。感謝が重いと言われたら、重くならないように内心でそっと感謝することでしょう。

 

私には厳密には自ジャンルの友達がいないから、他担の友達も、無論同担の友達もいません。*4

グッズを集めるのはとっても大変だけど、なんだかんだ自引きと交換と中古購入で事足ります。友達を交換対象に見ていないから買う数が違うことで揉めることもありません。「あの子が○○個買うから、私も同数買わなきゃ」って焦ることもありません。
だから、同担の面倒くささも自ジャンルの面倒くささも離れた場所にはいるので、それが私には丁度いいと感じます。

 

というか、そもそも全員に対して毎度1万5000文字超えの感想書くような人がいないですよね!(まれにいる)
歌詞考察もしている人、初期の曲や自担の曲はやる人はいてもTwitterというログを取りにくい場だったり、画像(検索に引っかからない)だったりと、多分、仲間内以外に見せる気がないんだろうなぁって思います。

 

共有と共感したくば、ブログよりTwitterのほうがお手軽だと心から思います。

その気持ちは、推しが違う2次元にガチ恋さんがフォロワーにいますが「推しが好き」「推しが格好いい」という単語に必ずふぁぼをくれます。多分彼女は私の推しのことは作品名とキャラ名とバンド名と顔しかわからないはず。……充分知っているな?
それはさておき、彼女と交流していると推しは違えど、推しを想う気持ちは一緒なんだなって本当に想います。

そうして、私の推しへの気持ちを認めてくれるから、私はTLで忌憚なく、今日も推しが好きと言えるのでしょう。

もちろん、誰も認めてくれなかったら言わないのかというと、多分そういうわけでもないです。誰も認めてくれなくなったら、「変な人」と思われながらも変わらずに呟き続けるのです。私は私のためにTwitterをしているのであって、誰かのためにTwitterをしているわけではないから。

その子とは友達ではないけれど*5、互いに戦友みたいな気持ちで生きています。推しに人生かけていることについて、共感を得るなら彼女以外他にいないと思っています。

でも、そんな共感仲間にブログ見られたいかというとそうではない。

そう考えるからブログとTwitterは違う誰かに何かを求めているのだと結論付けます。

 

 

話は戻って同ジャンルの友達の話。

自ジャンルの友達もいなければ、イベントに一緒に行く友達も私にはいません。
それでも割と楽しく生きていられるのは、友達や仲間のおかげです。
だから、よく同担や他担やその他ジャンル内でのもめごとを見るたびに私は思うんです。

そんな友達なら、切り捨てちゃえば? って。

だって、「どう見てもそれって友達じゃなくない?」って感じの友達多くないですか?
学生みたいに世界が限られて抜け出すのが大変な世界ならいざ知らず、この世界で推しを推すのに友達なんて一切必要ありませんよ?

それともなんです? 友達と仲良くするために、推しを推しているんです? なるほどな! 推し事スタンスが違いましたか! これまた失礼しました!
推し事のスタンスは人それぞれですが、私にとっては推しあっての推し事なため、推し事の邪魔になるのなら友達とは自ジャンルの話をしないと思います。自ジャンルの話をしなくたって、友達と話したいこともやりたいこともいっぱいあるので。

 

結論として言いたいことは、友達や同担のせいでジャンルや推しを降りるということがわからない、といった話でした。

 

ただ目に余る自ジャンルの敵(と書いて同担と読む)だけはどうしようもないですねー!! 他人から見ると私もそうなんでしょうけどーーー!!! ごめんなーーー!!! 何が悪いのか馬鹿でもわかるように懇切丁寧に説明してほしいなーーー!!!

でも、敵だろうがなんだろうがその人の自由を阻害する権利はないので、内心で呪いましょう。同じ穴の狢になりたければ口に出すのも良し。ただきっと、他人に悪意を投げるさまは場所を選ばない限り別の誰かが見ています。
悪意を投げるのならきちんと相手を刺し殺すか、悪意の重さを軽くして誰も傷つかないようにするか、そのどっちかのほうが私は好きです。という話自体当てはまる大量の人に向けて刺している悪意ではありますけども。特定の個人というか人生生きている間に見てきた、あの人とその人とこの人とあれやそれやのetc...辺りの人の話なんですけどね。

待ち針で刺されている気分がする、そんなあなたにも向けて書いています。

悪意の重さを考えてから投げましょう。悪意を投げるからには、言葉を発するには、必ず責任があります。それを努々お忘れになりませんように。私も忘れないように生きていきます。

*1:実際推したちは生きていないので、還元されるのはメーカーですけども

*2:本編CD2300円+税×6枚分の概算

*3:グッズ買う友達は本当にいないため、私にとってトレーディング商品は自引きか在庫が枯れるかの問題です

*4:これを書いたのは9月中旬なので、現状はちょっと違います。フェスを通じて他担の友達ができました。

*5:実際は先輩と後輩で、片手で数えれるぐらいしか実際に話したことはないし、顔覚えてないし、仲良くもない。相手が友達認識だったら謝るけど、多分ないだろうなぁ。個人的には友達じゃないことに、ちょっと残念に思ってる。