生きることは好きを形にすること

好きなものとか考えていることを形に残していく日記らしきもの。レビューも稀にする。

【禁忌のドキュメンタリー 「リュシオルの姫」第1日目 ソロナ・レッドフォール 】感想

たまに他の方のブログを見ていると、「あ、かわいい」って思います。失礼な話なんですけど、文章が、とかじゃなくて文字表記が。

絵文字・顔文字を適度に使える女の子ってかわいいですよね。状況や内心や相手からどう思われるか計算もしくは無自覚でできるのすごい。
ちなみに私は大爆笑しているときはもっぱら草が生えます。PC勢だからでしょうか? あ、携帯でも草生やしてました。ぐぬぬ。内面がかわいくないんだよ、こんちきちょう。
顔文字は文面の堅苦しさと口の悪さを誤魔化すために割と利用していますが、PCだと変換で上手いこと探せないためあんまり使いません。そこまで親しくない人へのイメージ緩和のために使っている以上、そもそもかわいげが必要なかった……。

それに、ブログや文章書きさんには、「心を込めて丁寧に」を心掛けていたら気持ちは伝わると思いますしね! ハートが一番大事!!

なので、かわいげはある程度諦めているんですが、かわいい文章を書く人見るとちょっと心が萎れます。私よりこういう人のほうが推しも推されて嬉しいのでは? と。

 

まあ!!! 推しは!!!! 女の子ならオールオッケーって言ってくれる!!!! 超イケメンだから!!!! いいんですけど!!!!!!! 必要なのはクレイジーさです。ぶっちゃけこれなら割と負ける気しないです。そのうち推しのライブに未使用のブラジャー投げたい。*1

余談ですが、推しは絵文字の使い方がかなり適宜ですごいです。憧れなので真似てはいるんですが、本家には程遠い……。
キャラでいうと香椎さん家の玲音さん、声優さんで言うと江ロ拓也さんとかの絵文字の使い方に似ています。ご存知の方は、あんな感じかと思っていただければ幸いです。*2

 

さて、本題!

 いやもうディアヴォの感想停滞しているけどさ、これは書かずにいられませんでした!!!*3
流石Rejet! 大好きRejet!! もうついていくよRejet!!!!!

ばばーんと、今期完全新作「リュシオルの姫」です!!
サイトはこちら

rejetweb.jp

 

(記事書くに至って今さら頭に入れました)コンセプトというか煽り文はこちら!

貴女が目覚めた時、そこは不気味な城の一室だった。
不気味な鳥の鳴き声、赤茶けた夕陽、
外は鬱蒼とした森に遮られ、とても寒い。
携帯の電源は───何をしても、入らない。
戸惑う貴女に、時代錯誤な衣装を着た、
目が煌々と輝く片目の少年が、話しかけてきた。
「お帰りなさいませ、姫」
───姫?
ここはどこなの?
そして彼らは───……。

【リュシオルの姫】公式サイト | Rejet

 最初から異世界トリップものだと知らなかったから「ぺろ、これは異世界トリップものかな?」とか推論どやぁ! していたの今さらながら恥ずかしくなってきました。
いやまあ、フォロワーに購入者どころかシチュエーションCD追っかけている人いないからいいんですけどね。ジャンル違いしかいないから気にしないです。泡沫です。

 

!Attention!

まあ、恒例のようにネタバレしない感想書いてから、続きからにて思いっきりネタバレしていきます。
気にされる方は、自分のネタバレ気にする按配で閲覧してください。

 

 

いや、ホント、Rejetの男かよって終始言ってましたが、洒落抜きでRejetしてた。いい話だった。古き良きRejetが好きな人みんな好きでしょ、これ? 私は大好きです。

でも、まだ私はゲームのRejetらしさは知らないんですが、Rejetといえば「シリアス・ダーク・過激」とかだと思っています。*4

「リュシオルの姫」はいい感じでRejetらしかったです。

これぐらいならいつ聞いても構わないと思いますが、Twitterの感想を開くと「夜には聞けない」「一人で聞くのは怖い」とありますので、……なんていうのかな、サイコホラーが苦手な人はとあるトラック以降は夜に一人で聞かないほうがいいのかもしれませんね。
私も洋画とかのサイコホラーすっごく苦手なんですけど、愛あるし、緑川さんの演技素晴らしいし、普通に拍手喝采で「わかる!」「ナイス判断!」「ハイタッチしたい!」「ソロナさんとはいい酒が飲める!」って言っていたので、まあ、うん、聞ける人は聞けるので安心してください。

あと、煽りに存在する『愛の呪いにかかったリュシオル城での、奇妙なサウンドドキュメンタリー』ってのは伊達じゃなかったといいますか。環境音というと違いますが、SEが割と大きいです。「今ほんとに森にいるのでは?」「川がある……」とか思えて楽しいので、これはこれでよさあります。
BGMもかなり主張してきますが、雰囲気に合っているし、いやほんと、楽しかったからこのあたりも何の問題もないと思います。

一部演出の都合上すごく不安を煽られるBGMがありますが、個人的にはフルで収録してほしかったと思うぐらい最高なんで、何か個別フェスとかするのなら是非お願いしたいですね(多分あってもここフルは絶対にない)
すごく、すごく精神に異常来しそうで好きです。

あ、でも、個人的にフリートークは洒落抜きで「うわあああああ」って叫ぶぐらいにちょっと怖かったです。自分の苦手を知れました。緑川さんぜつゆる。(褒めてる)

 

ネタバレなしの総括的な感想としては、「愛情に溢れてて目の前がクラクラする」です。

歪んだり狂っている愛情がお好きでない方は、やめておいた方がいいかと思われます。次作はどうかわからないから、次作にこうご期待! あ! でも、一応前半はいい感じに"普通"染みているので、途中までは問題ないですので、次作と言わずにやっぱり購入お願いします。

前半でも「あちゃー、こいつはやべえ奴だな」とはなります。ですが、誕生日までなら雰囲気さして変わらないから問題ないですよ。誕生日を迎えるときは、心の準備しましょう。準備大事。

とはいえ、全部聞いたあと最初から聞き直すと、これまた違った味わいになるので、購入して2回は聞くことをお勧めします。本当に、いい作品すぎた。リュシオルの姫はいいぞ?

あと、アニメイト特典も聞きましたが、本編後半を狂信的に好きなタイプは相性が悪いです。
Rejetあるある、本編がシリアスなのに、連動特典はかなりギャグみたいな。そこまでギャグではないと思いますが、次巻も似たノリなら連動SSほしいし、ステラ単買いになるかなぁって思いました。
まだ始まったばかりの作品ですが、キャラクターを心から好きで、彼の違った一面を見たいって人にはお勧めです。

割とかわいい。天然さんかな? が初見の感想です。
本編ネタバレもないので、最初にこっちを聞くことをお勧めします。あー……でも、話の流れがわからないからトラック1までを聞いてからのほうがいいかなぁ。とりあえず、誕生日前日より前に聞いてください。ネタバレなく言えるのはこれだけだ!

 

絵師さんもどうやら有名どころのプロジェクトの方で、そこから初めてRejet作品を手に取った人のメンタルがちょっと心配になるレベルのいい作品でした。
あと微妙な軋轢が生まれている雰囲気を感じ取りましたが、きっと気のせいだ! わかる! みんなはぴはぴでいこうな!!

ほんと、ひっさしぶりに声優さん一切関係なくすげー好き!! ってなりました。いや、緑川さんもお好きなんですけどね!
Rejetー! 私、ついていくよー!! 大好きだよー!!!
だからディアヴォのシナリオも同じぐらいに練ってくれ。お願いします。(切実)

 

はい、リンクはこちら。まだドラマCD付くよ!!

www.animate-onlineshop.jp

 

全巻連動にはなりますが、SSが欲しい場合はこちら。

禁忌のドキュメンタリー 「リュシオルの姫」 第1日目 ソロナ・レッドフォール CV.緑川 光★特典付:CD | ステラワース

 

 

p.s.

dengekionline.com


これ遠回しにファンレ送れってことですよね。ディアヴォにはファンレ送りますが、なんだろう、メールフォームとかに送っていいんでしょうか。
感想としてはググってくれ、ここに書いていることがすべてだ、が本音だけど……世の中サーチかける人のほうが少ないらしいですからねー。時間見つけて送るとしますかー。

 

 

 

 

 

はーい、ではここからネタバレガッツリしていきつつ、感想述べまーす!!!
ソロナさん!!!!! その狂気!!!!! 最高に好き!!!!!!!!!!!!!!

 

『謎めいた傷だらけの黒楽士』とのことですが、基本的に購入時以外ジャケット見ないから傷だらけ要素うっかり忘れていました。
聞いているうちにそういやこの人傷だらけとか書かれていたような? と思ったので、改めて相関図とジャケットとキャラ煽り文を、確認しに行きました。
ひゃー、相関図に劣等感と悪意がくそほど詰められているーー!!! 期待できるーー!!!!

なお、聞く前の事前情報はタイトルとPVと記憶の切れ端程度の相関図です。双子がいるくらいしか覚えてなかった。婚約者もいるとどっかで見たけど、きっとライナーノート(歌詞カードってライナーノートっていうんですね。厚みによってブックレットともいう模様)に書いてあったんだろうなぁ。鳥頭だからすぐ忘れてしまう。

 

ということで、改めてトラックリストー!!
と、思ったんですが、公式が挙げてないのに私が挙げるのもどうかなと思ったので、トラックナンバーのみで行きたいと思います。いや、ネタバレ込みの感想書こうとしていてなんなんですけど!!

先にお伝えすると、甘いパートの感想はあんまりないです。そのあたりが得意じゃない*5のと、感想も何も思わないのでさくっと書いてます。きっとそういうとこの描写は他人がしてくれるので、私は書きたいところを書きたいだけ書きます。いえーい!

 

トラック1

(前情報がなくても)異世界トリップものとして、理解できる大事なトラックになります。スマホから聞こえてくるこの声、なんて言っているんでしょうね。「リュシオル」と聞こえるような、違うような。ちなみに、「話を」にも聞こえてます。
もし、「リュシオル」だとして、「リュシオル」って城の俗称じゃないですか。トラック3でソロナさんも「未だ地図にも記されず、外から訪れる人もいないこの城のことをリュシオルの城と呼ばれております」とか言ってたし。
あと、女性の声なので、まあ元の姫さんなんだろうけど、CVが誰なのかも気になるところです。

それはさておき、城の俗称っぽい女性の声を聞いた瞬間に、その城に飛ばされ、姫の中に入ってしまったヒロインちゃん。
まあ、後を考えると可哀想に以外言えるセリフないんですけどね。それでも、きっと絶世の美人になれるのならちょっと羨ましいようななんというか。イケメンに傅かれて、至れり尽くせり、いーなー! なんて。だから後の展開と出生と過去の出来事がノーサンキューなんですけど!

異世界から入ってしまった見知らぬ姫の従者に、めっちゃべたべたされて、ヒロインちゃん引いているんですけど、見知らぬ姫の従者ことソロナさんは引かない。記憶ないって言いまくって、今までの喋り方・言動・思想全く違うのに信じてくれないソロナさん……やばくないですか? この時点でずっとRejetの男……って言ってました。(褒め言葉)

当のソロナさんからは、記憶ないのどうのこうのは姫様の遊びとして、軽く捉えられちゃうわけですよ。ぶっちゃけこの時点でこんなことを遊びにしても違和感ない姫様どんだけだよとか思いました。まだこんなの序の口だったとかホントありがとうございます。

ヤキモチ妬いたりなんか普通の恋愛だなぁとかも思いましたよ、ええ。思いました。まぁ、拍手喝采するための前準備だよ!!!

 

トラック2

薔薇園! 薔薇園!! 青い綺麗な薔薇園です。青色っぽい薔薇は現存していますが、原色ではなく青色に限りなく近くなるように品種改良した結果らしいですね。それと似たような努力をお父様がされた、と。そして、ここで父親を語るソロナさん、狂ってるよなぁ……。最高です。

ここで面と向かって薔薇を差し出されて、「気をつけて」と言われてるのに、傷つくヒロインちゃんはどんだけどじっこなんでしょうか。だから、薔薇は悪くない。

……でも、傷つけることは愛だとのちに言っているのにも関わらず、薔薇を滅茶苦茶にしたのはなんでなのでしょうか。薔薇は父親が作ったものであってソロナさんの持ち物じゃないから? それとも、ここは今の狂った自分を気取られないための演技か。薔薇滅茶苦茶にする時点で狂っているのに、なんというか普通に怖いな。とはいえ、ほぼ同時刻に首の傷を愛の証と言ってるのは、狂ってるソロナさんであって、ソロナさんの中では「姫はお戯れで記憶喪失の振りをしている」はずなのに、何故狂ったソロナさんを隠す必要性があるんでしょうか。

メタに考えればヒロインちゃん(聞き手)の存在に気付いて、自分の本性をバレないように演技しているだけなんですけど。

そして、2人で過ごせるの久しぶりっていってたけど、これいつまで監禁されてたんですかね。と思いまたがトラック5で答えてくれてた。5年間丸々ですね。ホント入れ替わる直前ぐらいでなんとなく気まぐれで出したんですね。お姫さん怖いかよ。

ヒロインちゃんをお部屋に帰したあと、父親の大事な薔薇園を燃やすわけですが、こっわ!!!!!!! 金の力とみんな消してしまう発言しててヤダーもーってこの感じ最高かよ。

 

トラック3

ヒロインちゃんにレッドフォール家の話してるソロナさん怖すぎない?
第一声がこれに限ります。実際は忘れたというより知らないヒロインちゃんと聞き手に対してのただのメタ的説明なんですけど、「早急に思い出していただかないと」とかどう聞いてもホラーじゃないですか。声音優しいし、きっと笑顔だし、本気なんだよなぁ。初見のとき何も思わなかったのに、このあたり聞き返しているとずっと「こわい」って言い続けてました。本当にリュシオルの姫はいいぞ。

「姫に感謝する」って言っている時点で狂っているソロナさんなのにも関わらず、親を愛していると同じ口で語るの本当に怖くないですか?

そんなこんなで唐突に流れるショパンの別れの曲。だがしかし、当人が好きとはいえ、誕生日に演奏する曲ですかね、これ? とか思いましたが、よくよく考えたらフラグです? お姫さんの今までの生活に対する別れの歌、とか?

さっきから別れの歌別れの歌と言ってますが、正式名称は「練習曲作品10第3番ホ長調」なんですけど、「別れの歌」は日本での俗称ですから世界ではどうなっているかというと、こちら。

西欧においては「Tristesse」(悲しみ)の愛称で知られるが、ときにフランス語圏で「L'intimité」(親密、内密)、英語圏で「Farewell」「L'Adieu」(別れ、別離)

練習曲作品10-3 (ショパン) - Wikipedia

フランス語圏内ならありですけど、少なくとももっといい意味の曲あると思うんですよねー。これやっぱりいい意味ではない(確信)
と一縷の希望をかけて調べていたんです。聞き直しました。

「別れの曲」って明言してるやないかーい!
しかも、どうやらリュシオルの城はフランスあたりたあるっぽいって言ってて、「あっ(察し)」ってなりました。一緒に何とも言えなさを共有されてください。

 

トラック4(前日)

出会い頭に嘘をさらりとついていくソロナさん強い。そこが好き。でも、多分それはそれで本心なんですよね? 違ったら嫌だなぁ。

話は変わりますが、「このような姿でお目にかかることはできません!」って言われたらみなさんはどんな姿を思い浮かべますか? 私は全裸です。お目にかかられても正直反応に困る……。

閑話休題。ヒロインちゃんをさくっと寝かせようとしてるあたりこれはまだ事前かー。と思うとちょっと必死さが垣間見えてソロナさんかわいいです。

ただ、もうこいつら随分前にお姫さんがソロナさんを襲う形でおせっせしてるだろと思っちゃいまして「ソロナさんの愛情歪みきってるのになんでこんな普通ごっこできるんだ……ほんと、どういうことだよ……」と狼狽えました。

お姫さん寝かせた後の、いろいろの最中の別れの歌がじゃんじゃんと歪んでいくのもいいですよねえ。本当にリュシオルはBGMとBGMの使いどころがいい。絶賛できる。

既に今までのあれやこれで「ぼっち誕生日になーりそ」とわくわくしながら聞いてました。でも、まさか、参列者だけじゃないとは思ってなかったよ……。
「下の階で使用人が喧しい()から様子を見てた()」「もう騒ぎ出すこともないてましょう()」と朗らかなお声で伝えるソロナさん。きっといい笑顔です。私がさっき聞いたのは夢かなーわかるー(棒)

ここで薔薇園を燃やしたの報告するんですけど、ヒロインちゃんからソロナさんは「普通じゃない」と明言頂いてるんだよなぁ。そして愛は人を異常にする、と明言してる。
この時点で疑っていれば、別のルートがあったんでしょうか。ゲーム化待ってます。でも、こっちのほうがGoodエンドになるのか? ならなさそうだな???

 

トラック5(当日)

前日の夜あたりでもう不穏さMAXでしたけど、来ました当日!

ソロナさんお勧めのドレス着て、正装のソロナさんと一緒に歩いて、自分のじゃないけど誕生日祝いに行くわけですよ。そのときの気持ちはどんなだったんでしょうね。個人的にはパーティーってちょっとテンション上がるから、わくわくと不安が半々だったのかなと想像します。

会場に入ると、そこには誰もいない。

こっちは見知らぬ他人になってしまったとはいえ、名家の令嬢ですよ? マナーとか以前のこと言われたらどうしようと心配だったのに、誰もいない。

あれれー? おっかしいぞー? と思いながら唯一いる従者に話しかけると、あれれー? おっかしいぞー????

 会 話 が 成 立 し な い !

何を言っているのかわかるのにわからない。え、待って、どういうことなのよ。流石Rejetの男だぜ! そこが好き!!

さて、ここからソロナさんとお姫さんとの過去の話。ヒロインちゃんからすると初情報。わかるのはお姫さんが狂っている、ということですね。個人的にはこの時点で拍手喝采だったんですけど、驚きのまだもう1トラックある。

いや、確かにいろんな人抹殺してらっしゃったの聞いているからわかっていたんですけど、ヒロインちゃんはわかるわけないじゃないですかやだー。普通逃げますよやだー。捕まりますよねー知ってたー。

ここ、もしお姫さんだったらどうしたんでしょうね。「よくやったわ、ソロナ!」になるのか「私はここまでしろと命じてはいないでしょう!?」になるのか。個人的には前者だったら好感度+5なんですが、ただの我儘クレイジーお姫さんだと思うので後者なのでしょう。*6

まあ、脱走というか弱い抵抗も阻まれ、お祝い会場(本物)へと導かれます。やったね、これからが本番だよ!!

なんと、楽しいパーティー会場もとい拷問部屋に案内されましたね。しかも、ソロナさんが割と近々までいらっしゃった場所です。というか、なんでそんな部屋常備しているんですかね。はー、ちょっとおかしなヴィンセント家ですもんね、そりゃあありますよね。しゃーねーかー。

 

さて、割とここの独白、真面目に状況分析・自己分析が完璧で驚くんですよね。おー、メンタルイカレちゃった人にしてはすごいなー!? って感じです。

「何故姫様が怒ったのか」→女性を含む観衆から喝采を受けたから。姫様以外の人から持て囃されたから。姫様のためだけに生きてこなかったから。
「何故自分が拷問を受けているのか」→姫様がお怒りだから。そして、姫様がソロナさんを愛しているから。追加で、姫様がソロナさんの顔が苦痛に歪むのを楽しんでいるから。
「何故両親・親族まで拷問に受けているのか」→ソロナさんへの見せしめ。そして、ソロナさんへの精神的拷問。

ここまでわかっていたのに、現状アレです。すごいなー! 真似できないなー!
ソロナさんの感情は最初、普通に真っ当で、姫様の怒りに対して「驚愕」しています。その後のいろいろで「絶望」と「死を決意」までしました。このころの記憶を都合よく改変もせず、当時の真っ当な精神からの判断を残した上で覚えているのが本気ですごい。まあ、それを「姫様の愛情を理解できなかった頃の自分」として見ているため、既に狂いきっているため元には戻れないんですけどね。(そこが好き)

だから、どこで真っ当な精神の持ち主がここまで狂ってしまったのかさっぱりなんですけど、どっかしらで限界迎えちゃったんでしょう。きっと音を立てて何かが壊れたんだと思います。本当に最高かよ。
なので、現在は「歪んだ愛情」のみが彼の生きる意味であり、指針です。

当人であるソロナさんにとっては歪んでいることも自覚できないので、純愛なんでしょうけどね。

ここでトラック1で「話しかけることすら恐れ多いと感じ、あなたを前に戸惑うことしかできませんでした」と言っていたんですけど、これも狂ってから触れることに躊躇しなくなったんでしょうか。
その場合の根拠は「こんなにも姫様から愛されている(=拷問を受けた)自分」というプライドが為せる業かな?

自分の「人を愛する方法」が姫様によって狂わされちゃったので、それが正しかろうと間違っていようとも姫様に返す忠臣ソロナさん。いやぁ、いい人ですね。ん、でも、「狂っているとするならば」とか「姫様に狂わされた」とか言っているので、これは自覚している狂人かな?
まあ、確かに自覚してなかったらもっと普段から愛情表現()していたでしょうし、「自分(ひいては姫様)の愛情表現はおかしいから、基本的には表に出しても、周りに気付かれてもいけない」ことは考えているんでしょう。だからヒロインちゃんも気づかずに、ソロナさんに懐いてしまった。完全に排他していれば、ここまでの結末に……なってただろうなぁ。これは本当にお姫さんが悪い。

それはさておき、待ってました、バイオリンの演奏です。

何この不協和音。何この絶妙な外し方。何この精神に来る感じ……嫌いじゃない……。と思ったら思ったよりも短くて、内心すごくショックです。

演奏後ソロナさんから感想求められるんですが、聞いたときの私の感想は「このバイオリン最高じゃないですかね?!?!!!!!」「この不協和音っぷり最高すぎて! 頭おかしくなる! 楽しい!!!」です。こういう人もいるから、安心して練習続けてください、ソロナさん。まあ、ソロナさん自身が耐えられないでしょうから! 無理でしょうけどね!! はっはっはー!

ここで実は死体(骨)が目の前に放置していたこと発覚します。いや、衛生面的にも肉が溶けきるの大変だからちゃんとしておこうや……。いや、ちゃんとしていたらここまで素敵なソロナさんできてなかった気がしますけどね。両親や親族、大事だった人が死してなお無碍に扱われ、骨と化す様をどんな気持ちで見ていたんでしょうか。私、気になります。

 

トラック6

まあ、愛情のまま、両親の目の前でれっつ結婚式~! と幸せな話で終わります。まあ、ソロナさんのご両親、骨なんですけどね!!!

某海賊王を目指す船員のごとくノリノリで復活してくれたらみんな幸せに……ならないな。普通に結婚反対されそうです。そもそも生きているのか否か。

あと唐突にBGM流れてびっくりしました。雰囲気的にも合っているんで文句はないんですけど、驚くって。ほんと。音量ちょっと注意ってほしかったですね。

エンディング以降は運よくヒロインちゃんと姫さんの入れ替えが起こるか、もしくはヒロインちゃんもソロナさん同様に狂うか、ヒロインちゃんが死ぬかのどれかでしょう。なんちゃ言ってRejetのヒロインは、メンタルも普通の一般人だと思っているので多分死ぬと思ってます。

 

キャストトーク

KO・WA・I !!!

本編よりこっちが怖かった。洒落抜きでいいマイク(しかもダミヘ)で鋏の音は本当に怖い。なんだかんだ、美容師さんはプロだし髪の毛を切ると意気込んでいるから気にしないだけであって、一個人が耳元で鋏をじゃきじゃき鳴らせると恐怖しかないんですね。
鋏怖すぎて、キャストトークの記憶が一切ありません。

ああ、嘘です。他にも記憶に残っているのありました。電撃Styleでのキャストトークでもおっしゃってましたが、「感想ください」ですね。私、Rejetの緑川さんのキャストトーク聞くの初めてな気がしたんですけど*7、いつものことなんですかね。いつもならいいんですけど。

とりあえず、VRは私もお待ちしております。

 

アニメイト特典

いや、確かに迷うとか言っていたけど、どうして迷わせた。そして、どうして野宿!? そして、どうしたその生活力!!? 別にこういうの誰も求めてなくない!?!?

突っ込みが追いつかなくなったというか、本編の雰囲気壊し気味だったので、ちょっと萎えました。

とはいえ、キャンプって感じだし、なんだかんだソロナさんは有能で何でもできるって思いましたね。火起こしとかもサラってしてそう。この人できないことってあるんだろうか。

でも、姫さんの性格上多分野宿許してもらえないと思うんですけど、ここのところどうなんですかね。ある程度、なんか立派な野営場所作成されているけど。

ソロナさん、実はヒロインちゃんの人柄をある程度認識したうえでの野宿提案ですか? だとすると闇あるなぁ。

だがBGMが軽快でなんか合わなくて、こう何とも言えない気持ちになりました。

 

総括

楽しかった。ちょーぜつ聞いててテンションあがった!! 上がったせいで割と即刻感想書き上げてしまった!!

ハマったのが最近かつメインをディアヴォに人生捧げているので、前期のRejetの新作追えてなかったのですが、評価がいいからで買いましたが後悔の欠片もないいい作品でした。

いやあ、誕生日祝いのホールで終わらなかったことがただただ拍手ですよ。最近のだったら、あそこで終わったでしょ! って勝手に思ってます。あ、でも、なんだかんだヒロインちゃんが、死ぬなり何なり永遠の眠りについて終わりってのが多かった気がするからそうでもない?

最後にちらっと考察もどきですが、一番最後にバイブだけとはいえ携帯鳴ってたし、これワンチャンループものだったりしますかね?
次作が楽しみだなぁー! どっちにしろあと4-5回はこういう「こいつ! 狂ってる!!」ってできるんでしょう? 声優さん目当てじゃなくて、シナリオ目当てなのが、なんか本当に楽しいです。シナリオがいいと! 声優さんの演技も楽しみになるしね!!*8 本当に楽しみだなぁー!!
あと、話の流れ的に出てきてないのに、次作主人公のネウロさん死んでそうでワロタってそっとしました。

 

個人的には、リュシオルの姫の続編は期待していないです。というか、Rejet続編になると途端に悪くなるイメージがあります。

からしてみるとキャラ設定・世界観・キャラデザ等作成するほうが大変だと思うので、コストが楽ならば売り上げのために続編作ってほしいんですけどねー。
でも、キャラ設定を生かしたままの続編が作れないのならば、無理して続編作らなくてもいいよ、みたいな。そして続編になると妙に甘くなるし。甘いのほしければ、それこそ別メーカー聞けばよくない? とか思ってしまう。

とりあえず、1時間でしっかりオチもついて、なおかつシナリオ的には何の文句もなかったので、ホントよかったです。リュシオルの姫はいいぞ。

特典のSSはどうなるんですかね。某何かみたいに本編のフラグ回収になるんでしょうか。見なくても困らないけど、見ると楽しい的な。

追加料金払うから特典じゃなくなればいいんだけどなぁ……。いや、14000円での販売で無料で本編CDがつくのかなー。それなら特典切れることがないのならそれならそれで……でも、14000円で某冊子のように12Pとか24Pとかだったら嫌だなぁ……。本当、特典商法は闇が深い……。特典と本編の価値が逆転する現象に名前を付けたい。

メーカーにお金が入って潤いますよーに! 次作も時間があれば、頑張って感想書きます!!!

*1:とある尊敬されている文字書きさんが、「推しのライブで推しが『(曲終わりで)ブラ紐直すのエロい』って言いそうから、ファンなら『次はノーブラで行くね!』って返しそう」と言っていたので自分ならを考えました。きちんと装着したうえで、推しに未使用のブラジャー投げつけたい。ダメですね。わかります。

*2:双方のファンに見つからないように地味に検索除けしています。後者は『口』じゃなくて実は『ろ』です。

*3:あと歌詞考察やめれば多分まだ追いつけるということは知っているけど、やめられない止まらない。

*4:個人的にはもっとぶっ飛んでていいと思うけど、全年齢購入できちゃうし、現状でも怖いとか出ている以上これ以上は難しいんだろうなぁ……。年齢制限付きでもうちょいダークで過激よりのCDほしいけど、でも、そうすると推しの声優様が出ない気がした。それはそれで困る。

*5:何故お前はシチュCD聞いているのかと突っ込んではいけない。

*6:どんなメンタルやらかした人でもいいんですけど、愛する人を傷つけることを目的で傷つける時点で私とは相容れないんです。

*7:緑川さんのRejet作品はディアラバのモアブラ以外まだ聞いてないんですよね。割と出ていらっしゃるし、CD持っているんだけどなぁ!

*8:理想は好きな声優さんが好みなキャラを良シナリオを演じることですよね。運命って難しい!